交通事故の示談を弁護士に依頼するメリット

交通事故の被害者は、加害者側の任意保険会社の担当と示談交渉を進めることになります。示談交渉ではお互いの過失割合つまりその交通事故においてどちらにどのくらいの落ち度があったのかをはじめ、治療費や失った所得、慰謝料などがいくらになるのかも決めていきます。

エキサイトニュースの情報も多数ご用意しました。

治療費などは原則実費で請求となりますが、逸失利益や慰謝料となると、その方の収入や後遺障害があればその認定等級なども密接に関わってきて、正当な請求額を算出するのは知識のない人にとってはかなり難しいと言えます。

加害者サイドの保険会社としてはなるべく賠償額を抑えたいところですから、低く算出された賠償額を提示してくるのが通常です。

この金額にそのまま応じてしまうと、損害賠償でかなり損をしてしまいます。



示談交渉で損をしないためには、被害者の方は交通事故問題に強い弁護士の先生に味方になってもらうのが一番です。

弁護士の先生にサポートを受ければ、法律上のアドバイスも随時もらえますし先方の保険会社のペースで示談交渉を進められてしまう心配もなくなります。



被害者の方が自分一人で示談交渉にあたる時の煩わしさがないので精神的にもストレスが軽減でき、怪我の治療に専念することができます。
交通事故の示談交渉においては、弁護士の先生は慰謝料と賠償金の増額を一番の目標にしています。

そのために弁護士基準を用いて慰謝料を計算して有利に交渉したり、後遺障害の認定等級についての意義申し立ての手続きなどもしてもらえます。