交通事故にあったら弁護士に相談すべき?

交通事故にあった場合の示談交渉を自力で行うと、不利になるケースが少なくありません。
示談交渉は、事故を起こした加害者と被害者の間で話し合い、過失割合や損害賠償金、慰謝料などのについての具体的な対応を取り決めます。

このとき、加害者側には保険会社が入るため、被害者側は弁護士に依頼しないと、独力で交渉にのぞむことになります。
正しい知識を持たずに慣れない交渉をするのは大変なストレスで、面倒になって示談書にサインしてしまうのも無理はありません。

最初から弁護士を代理人にしておけば、ストレスなく有利な条件で示談できた可能性もあります。

ここでは、交通事故にあった場合に、弁護士に相談するメリットについてご紹介します。

まず、適切なアドバイスが受けられて、保険会社との煩わしい交渉がなくなるのが大きなメリットです。

解決の見通しが立つので、ストレスがなくなり、治療に専念することができます。



また、保険会社は賠償金を抑えようとするため、個人で交渉すると低い示談額を提示するのが一般的ですが、弁護士が交渉することによって、損害賠償請求、慰謝料が増額されるケースが多く見られます。

Yahoo!知恵袋に関してはこちらのサイトをご覧ください。

このようなメリットがあっても、費用の点で躊躇する人がいるかもしれません。



現在では、料金が明確になっており、事前に確認することが可能です。

また、交通事故にあって弁護士に依頼した場合に、費用が実質0円になる特約がついた自動車保険もありますので、検討してみてはいかがでしょうか。