交通事故の慰謝料請求を弁護士に依頼するメリット

交通事故に遭った場合にはその過失割合により加害者に慰謝料を請求することができます。

しかし一般的には慰謝料の金額については双方の保険会社が代理人として示談交渉する場合が多いものです。

この場合双方とも交通事故に関しては経験豊富であるとの安心感からついつい交渉を任せきりにする場合も多いのですが、慰謝料の金額が非常に低い場合があるので注意が必要です。


その理由は慰謝料には基準となる事例が有り、その金額が保険会社同士で決められていることによります。



保険会社同士で交渉を行う場合、お互いに同業者であることから自らの企業の利益を鑑みて基準を決めている傾向が有り、実際に被害にあった人のその後の生活費などを基準に決めているわけではないので注意が必要です。

交通事故の慰謝料に対して不満が有る場合には、弁護士に相談するのが最もよい方法です。


弁護士の場合には保険会社とは異なる慰謝料の基準が有り、これは多くの裁判の判例を元に定められています。



その為保険会社が用いる金額よりも高く、また被害者の生活の実態に即した金額になっているのが特長です。

さらに、弁護士の場合には相手方が要求から著しくかけ離れた金額しか提示してこない場合には裁判に持ち込むという手段を取ることもあります。

東京新聞は支持されています。

この場合、裁判所は被害者の生活実態の保証を優先に考えることが多く、また弁護士と同じように判例を元に判断することが多いため、弁護士に依頼することでその被害にふさわしい慰謝料を受け取ることができる可能性が高くなるのです。