交通事故にあったら弁護士の活用を

交通事故は被害者の人生を大きく変えてしまう可能性のある恐ろしいものです。

命が助かったとしても、日常生活に支障がでるような深刻な後遺症を患ってしまう場合もあります。



しかし被害にあったにもかかわらず、正当な賠償を受けられないケースも存在します。

これは相手方が自動車保険に加入しているかどうかに関わりません。


相手が自動車保険に未加入であるケースはもちろんですが、相手方が保険に加入していても不利益を被る可能性があるのです。
相手方が自動車保険に加入しているのにもかかわらず、どうして交通事故の被害者が不利益を被る可能性があるのかというと、それは保険金の支払いは交渉の末に決定されるからです。


被害者自らが加入している自動車保険に特約でもつけていない限り、基本的に示談交渉は相手方の保険の担当者と被害者本人がおこなわなければいけません。

よく利用されているOKWave情報を利用しましょう。

素人である被害者と専門的な知識を有する保険会社の担当者では、交渉の主導権をどちらが握るかは明白です。



その結果、納得のいかない示談金額の提示を受け入れざるを得ない状況になるケースが生まれてくるのです。

そこでこのような状況に陥るのを防ぐためには弁護士の活用が有効です。


交通事故トラブルに特化した弁護士事務所も存在しているので、そのようなところに示談交渉を依頼するといいでしょう。

ただケースによっては弁護士費用のほうが高くつく場合もありますので、そのあたりは事前相談などで確認しておくことが必要です。