交通事故問題は弁護士に相談で賠償金大幅アップ

交通事故の示談交渉では、被害者は相手の人が契約している自動車保険会社の担当と交渉を進めることになります。被害者には損害賠償請求の権利が認められていますから、その交通事故で被った損害を金額にして加害者に請求することができます。

マイナビニュース情報選びをサポートするサイトです。

この損害賠償の請求額も、示談交渉の中で決定していくことになります。ここで、被害者は被った損害に対して適切な金額を賠償請求することを希望するのが当然てすが、相手の保険会社としては賠償額をできるだけ抑えたいと考えるのが一般的です。



ですから、相手の保険会社の提示する金額に納得できなかったり過失割合に不服が生じて示談交渉が難航してしまうことがよくあります。

加害者サイドの保険会社が提示する慰謝料が安いのは、自賠責保険の基準という一番低い基準で算出しているからです。


慰謝料に関しては、弁護士の基準で計算すればその何倍もの金額を正当なものとして請求できるはずです。そこで交通事故の被害者になってしまったら、相手から示された示談の金額に簡単に応じてしまうのではなく、交通事故問題が得意な弁護士の先生のサポートを受けるのが一番適切です。交通事故を扱う弁護士の先生は損害賠償の金額で被害者を救うことを第一にしていますから、相手方の保険会社に対する過失割合の交渉や後遺障害の等級認定について被害者が不利にならないよう親身にサポートしてもらえます。
弁護士の先生に相談するタイミングは、示談交渉がこじれてからではなく事故からあまり時間が経たないうちに相談しておくと示談で損をしないためのいろいろなアドバイスがもらえます。