交通事故の示談交渉は弁護士に依頼してペースを守る

交通事故を警察に届け出ても、単なる事故ということで見分が終了すればその後の介入はなく以後は当事者間の話し合いで解決することになります。

交通事故の当事者どうしが解決について話し合いをするのが示談交渉です。


被害者になってしまった人は、けがで入院や通院それに仕事を休んだりしながらの示談交渉となりますから、負担が大きくなりがちです。


一方、加害者の方の場合は自動車任意保険についている示談交渉の代行サービスによって保険会社の担当者に示談交渉を一任できますから煩雑な交渉の場に着かなくてすみます。

よく利用されている東京新聞について詳しく知りたいならこちらです。

被害者の方が自分で示談交渉に応じるとなると、加害者側の保険会社は専門用語などを並べて早期の示談成立に持ちこもうとする傾向があります。

このように先方のペースで交渉が進められ、提示された金額で示談に応じてしまうケースが少なくありません。



しかし、保険会社の立場としてはできるだけ損害賠償の金額を抑えたいので、慰謝料などは安い基準で計算されていますから安易な示談では被害者の方は損をしてしまいます。



こうしたケースでは、交通事故相談を多く手掛けている弁護士に相談して示談の代理人になってもらうことで保険会社のペースで交渉が進むという事態を避けることができます。


弁護士に相談して示談交渉を代行してもらえば、保険会社のペースに巻き込まれることもありませんし賠償金額も損害の内容に応じた正当な中身で損なく交渉が進みます。
弁護士に相談するタイミングは、保険会社のペースになってしまってからではなく事故後すぐにサポートを受けていればより有利な方向で話し合いをすることができます。