交通事故の煩雑な示談書類も弁護士のサポートで安心

交通事故の当事者双方は、事故の解決に向けて話し合いの場を設けます。


この話し合いが示談交渉で、それぞれの過失の割合や賠償内容、慰謝料の金額などについて決定していきます。当事者双方と言っても、加害者は自分が契約している自動車保険の示談代行サービスを使うため、実際の交渉は契約先の保険会社の担当があたるのが一般的になっています。

そのため、弁護士を依頼しないとなると被害者の方は自分で先方の保険会社と交渉しなくてはなりません。

交通事故や損害賠償についての知識があればよいのですが、自分で交渉すると保険会社のペースで進み、損害賠償の金額も安く提示された内容で安易に応じてしまいがちです。

マイナビニュースについての情報はこちらです。

これを避け、正当な損害賠償請求に持ち込むためには交通事故問題に強い弁護士のサポートが不可欠です。
弁護士の業務は事故の被害者が受け取る慰謝料やその他の賠償金をアップさせることですから、損害内容に応じた適切な金額を提示して交渉してもらえます。
また示談にはいろいろな書類が必要で、手続きも煩雑です。

そうした多種類の書類を、入院や通院してケガの治療をしながら揃えたり、各種の手続きをするのは被害者にとっては大変負担が大きいものです。

交通事故に遭ってしまってから早い段階で弁護士に相談して示談交渉の代理人になってもらっていれば、こうした書類の手配や作成、各種の手続きのほとんどを代行してもらえます。



交通事故問題が得意な弁護士に相談すれば、賠償金がアップすることに加えて難しい交渉の場に着かずけがの治療に専念することができるというメリットもあります。