交通事故にあったら弁護士に相談を

交通事故にあっても、軽傷の場合には弁護士に相談をせずに自分で解決してしまおうとする人がいます。


弁護士に相談をすると費用がかかるので、軽傷の場合には自分で解決をしてしまうことはある意味で正解です。
もちろんこの場合でも、警察に連絡をすることは必須です。

産経ニュースの最新情報を公開しています。

しかし、最近は多くの法律事務所で交通事故の相談を無料で受け付けてくれます。
相談が無料ならば、たとえ軽傷で加害者から支払われる損害賠償の金額が少なくても損をすることはありません。その時点では軽傷でも、後になって痛みが発生することもあります。



交通事故の慰謝料の算定基準には、自賠責基準、任意保険基準、裁判所基準の3つがあります。

最後の裁判所基準が最も高額になりますが、この基準は弁護士に依頼をしないと実現することが難しい基準です。


場合によって任意保険基準でも十分納得できる金額がもらえることもありますが、事故による損害が大きい場合や、後遺障害が残った場合には裁判所基準で賠償をしてもらうことで通常の倍以上の金額がもらえることもあります。
まずは保険会社から出された金額が適正であるかどうかを弁護士に聞いてみましょう。

無料相談を受けてみて、話を聞いてメリットがあることを確認してから依頼をすればよいのです。



弁護士によってアドバイスの内容が変わってくることもあります。なるべく複数の法律事務所で相談をしてみるとよいでしょう。

長い付き合いになるかもしれないので、自分との相性も大切です。