交通事故と弁護士費用特約

交通事故を起こしてしまった場合には、状況によっては刑事罰を科せられてしまうというところに行き着くことがありますが、そこまでではなくても、交通事故の相手方の被害に対する損害賠償などの法律上の責任問題に発展することはめずらしいことではありません。

ふつうは示談交渉によって、一定の金額を支払うことで穏便に済ませるというかたちになり、その金額は損害保険のほうからの保険金から負担できるため、それほど問題ではありませんが、示談交渉がこじれてしまって、民事訴訟に持ち込まれてしまうとかなりめんどうなことになります。

All Aboutの情報をご案内しているサイトです。

こうした場合、個人で対応するのは限度がありますので、やはり交通事故にくわしい弁護士のような専門の法律上の資格をもった人に相談の上で、訴訟対応などを依頼するのが適切であるといえます。弁護士に依頼をする場合ですが、通常は依頼をした段階で着手金とよばれる費用がかかりますし、訴訟に勝訴するなどして目的が達成された場合には、あらためて報酬金とよばれる成功報酬のようなものを支払うことにもなります。



こうした費用は損害賠償の金額などによっても違ってきますが、かなり高額であることはまちがいありません。



そこで、損害保険のなかのオプションとして、弁護士費用特約とよばれるものに加入をしていれば、このような弁護士費用についても、すべて損害保険の保険金から負担をしてもらうことができるため、いざというときに金銭面での心配をしないですむようになります。