弁護士への依頼が必要になることもある交通事故

ふつうのドライバーは、法律によって強制加入とされている自賠責保険のほかにも、民間の損害保険会社が提供している自動車保険に加入しているため、交通事故が起きたとしても、それだけで安心なものと思いがちです。
交通事故が起きた場合、損害保険会社のスタッフによる示談サービスも受けられますので、保険会社にまかせておけば、たしかに問題なく損害賠償の支払いや保険金の受け取りなどといったことがらがスムーズに進むことが多いのも事実といえます。しかし、交通事故にはさまざまな形態があり、場合によっては損害保険会社による示談サービスが機能しない場合もあるのです。

livedoorニュース情報をご紹介いたします。

たとえば、信号待ちをしていたところ、後ろからにいきなり他の自動車が突っ込んできて、負傷してしまったといった場合が挙げられます。


こうしたケースでは、相手に100パーセントの過失があると認定されることがほとんどですので、示談の余地もないということになります。


そのため、もしもこうした交通事故で、相手となんらかのトラブルになったとしても、損害保険会社には関与してもらえないのです。



そこで、弁護士のような法律の専門家に依頼をして、本人の代理人として活動しもらい、交渉を進めるということが求められるようになるのです。



弁護士はあらゆる法律上の手続きを代行できますので、示談ではなくて、民事訴訟を提起するといった方向で進めることも可能です。

ただし、弁護士に依頼するにはそれなりの費用がかかりますので、あらかじめ自動車保険の弁護士費用特約などに加入しておくと便利です。