自動車任意保険の交通事故弁護士費用特約とは

自動車任意保険の多くのプランには、交通事故に巻き込まれてしまった時のための弁護士費用特約という補償が付いています。

この特約は、交通事故の被害者になってしまったケースで弁護士事務所に相談する費用を保険で補償するという制度です。
交通事故に遭ってしまうと、けがをしたり持ち物の損壊それに精神的な苦痛も被ってしまいます。

これらの損害については加害者側への損害賠償請求として金銭を請求することができます。
実際にいくら損害賠償請求をするかについては、事故の当事者同士の話し合いで決定します。


この話し合いが示談交渉です。



事故の当事者同士と言っても、任意保険には示談交渉の代行サービスが付いているのが一般的なので、加害者の方からは保険会社の担当が示談の交渉にあたります。

被害者の立場の方は、自分に過失がないと相手への賠償もないために自分の保険の示談代行サービスを利用できないことになっています。


しかし自分ひとりで相手の保険会社と示談交渉をするのは、相応の知識がないとかなり難しいものです。

相手の保険会社は賠償額を抑えるために低く算出した賠償額を提示してきますので、それに安易に応じてしまうと損をしてしまいます。

そこで、交通事故で被害者になってしまったら弁護士の先生にサポートしてもらって有利に交渉してもらうのがベストです。



この、交通事故を専門とする弁護士の先生に相談する費用が任意保険の弁護士費用特約で補てんされます。

Yahoo!知恵袋はかなり有益な情報が揃っています。