示談交渉は交通事故に強い弁護士に代行依頼

交通事故の被害者は、相手側の保険会社の担当者と示談交渉をして損害賠償請求をしなくてはなりません。

事故で受ける損害は身体面・物損面・精神面と多岐にわたり、それ相応の賠償をしてもらうのが当然です。
しかし、先方の保険会社では適切な金額よりも安い示談金を提示してくることがよくあります。



これは、保険会社としては賠償金額をできるだけ抑えたいからです。
被害者は提示された金額をよく見極めて、正当な賠償金がもらえるように交渉する必要があります。



ところが、これは自分に交通事故や賠償の知識がないとなかなか難しいものです。
相手から提示された示談金に焦って応じてしまうと損をしてしまいますから、こうしたケースでは自動車任意保険に付加されている弁護士費用特約を使って弁護士に示談交渉の代行をしてもらうのが賢明です。弁護士との交渉であれば、相手の保険会社の強いペースに巻き込まれることもありませんし、被害者が損をしないように賠償金額や後遺障害の認定等級についても最大限のサポートをしてもらえるからです。ここで、全国にはたくさんの弁護士事務所があります。

交通事故の相談をして示談交渉の代理人になってもらうのであれば、交通事故に強い、できれば専門にしている法律事務所を探すのが一番です。

相手側の保険会社担当との交渉になりますから、法律全般だけでなく損害保険や後遺障害の認定等級についても幅広い知識が必要ですし、交通事故そのものがいろいろなケースがありますからたくさんの事例を扱ってノウハウを培っている弁護士の先生を探すことが重要です。

BIGLOBEニュース全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。