魂が自然に還る自然葬について

  • 自然葬とはどんな葬儀か

    • 自然葬と呼ばれる葬儀があります。
      普通の葬儀のように、墓石を使って埋葬しません。


      その代わり、遺骨を自然に帰すようにしてその霊を弔います。
      たとえば、鳥葬や風葬、植樹葬などがこれに当たります。

      過去には、自然葬といえば遺骨を細かくして故人の希望する海などに散骨するという葬儀が多くありました。


      また、骨壷を使用せずに、遺骨をそのまま土の中に埋葬する葬り方も、今では自然葬に含まれています。



      昔は外国でそういった葬儀が行われていましたが、今では日本でもそうした埋葬方法を望む人が出てきています。



      亡くなったら自然に帰りたい、風になりたいといった希望を持つ人が多くなっているのです。



      それに、生きている間に親しい人々にお礼をいうための、生前葬なども多くの人たちに好まれるようになってきました。



      自然葬に人気が出てきた背景には、自然に対する一体感が関係しているといわれています。
      普通の葬儀では、お金がかかるばかりで心がこもった葬儀ができない傾向があります。



      少子化のために、先祖代々のお墓の面倒を見る人が少なくなったことなども関係しているでしょう。


      死んだら自然に帰りたいと思う人々は、かなり多くなっているのです。

      遺骨をこまかくして海にまいてほしいとか、樹木の根元に埋めてもらってその栄養になりたいなどのさまざまな希望があります。


      現在の日本では、そんな故人の意志を尊重して自然葬を行うことが多くなってきているのです。その傾向は、これからも続いていくでしょう。



  • 関連リンク

    • 遺骨を完全にパウダー状にして撒くことを散骨といいます。散骨自体は、違法なことではありませんが、その場所の指定があります。...

    • 人は誰でも死を迎えますが、生前にどのような人生を送っても死ぬ時は誰でも同じです。死んだ後のことは生きている人に任せなければならないといわれますが、せめて死後に自分の意志を反映させ、自分の希望した死後にしたいという考え方が一般的になろうとしています。...